いじめ防止対策専門 郷原行政書士事務所

いじめ防止対策 郷原行政書士事務所

いじめ防止対策推進法解説。その他、教育・学習について

いじめ防止対策推進法改正について

f:id:office-gouhara:20190422170059j:plain

いじめ防止対策推進法の改正


ijimeboushi.com

 

いじめ防止対策推進法の改正がニュースになっています。

 

MBSニュース

いじめ防止法の改正案は「骨抜き」と遺族らが抗議 | MBS 関西のニュース

 

・教育新聞

いじめ防止法の座長試案に 大津市と遺族らが反対を表明 | 教育新聞 電子版

 

いじめ防止対策の現場に携わる者として、なんとか実効性のある法律にしてほしいと願います。

 

大人がいじめ問題にきちんと向き合うためには、法律が必要です。

なぜなら、法治国家において国民の意思(命令)を行政に伝える一番の方法が、法律だからです。

 

しかし、2013年のいじめ防止対策推進法制定以来、この法律は機能不十分と言われています。

 

原因は、

・法律の不備

・学校や教育委員会の理解不足

・教員の忙しさ

など、さまざま言われています。

 

社会問題を解決する際に、よく言われる法則が、話し合いの場には、

「利害関係者(当事者)を3割入れること」です。

 

この当事者が少ないと、当事者に不利になりすぎ、

多すぎると、当事者の勝手になりすぎるそうです。

 

いじめ防止対策推進法の改正にも、フラットな感覚を持つ(学校側にもいじめ被害者側にも偏らない)市民がかかわっていかなければなりません。郷原行政書士事務所でも、政策提言などを行っていけるように組織体制を検討してます。

 

ijimeboushi.com

 

郷原行政書士事務所は、いじめ防止対策専門です。学校への要望書作成をご検討の方は、ご一読ください。

 

なお、料金を見直しました。いじめ防止対策事業は、受益者負担(いじめの被害者がお金を払う)を求めづらい分野です。より高品質のいじめ対策を、受益者負担の少ない形で提供できるように模索しています。